高麗美人はホットフラッシュに期待が出来ます。

ホットフラッシュの応急処置
首元を冷やす
リラックスする

ホットフラッシュを長期的に緩和
運動する習慣をつける
規則正しい生活をする。
楽しめる趣味を見つける
体を冷やさないようにする
バランスの良い食事を意識する

 

自律神経を整える事を意識する

サプリメントを利用する

高麗人参の成分のサポニンは自律神経を整えます。

高麗美人は最高級の高麗人参を使ってます。
↓ 
高麗美人はホットフラッシュに期待が出来ます。

高麗美人公式サイト
↓↓↓↓↓

ホットフラッシュなんてあまり使わない言葉?

100人にアンケートしてみましたが、ホットフラッシュという言葉は日常的に使う人は少ないのかなと感じました。私がアンケートをした時にはこのホットフラッシュという言葉はほとんど使われていませんでした。

更年期世代100人のアンケートを見てみる→

ホットフラッシュは、ほてり、のぼせ、発汗が急に起こる更年期の代表的な症状です。症状をアンケートで聞くと「ほてり」「発汗」「のぼせ」などが別々に回答されていました。ほてり、のぼせ、発汗などの症状をまとめてホットフラッシュと言う事が多いですよね。

暑くないのに急に汗が吹き出し止まらない。
足は冷たいのにのぼせて何もできなくなる。

このあたりがリアルな症状です。

ホットフラッシュが起きる理由

エストロゲンという女性ホルモンが減少して密接な関係にある自律神経が乱れて起きます。自律神経は血管の収縮、拡張などにも関係しています。

 

エストロゲンの減少

自律神経の乱れ

血管の収縮、拡張がうまく出来なくなる

発汗、ほてり、動悸
これがホットフラッシュです。

発汗も顔、頭まで起き、ほてりは、顔だけの人もいますが上半身全体がほてる人もいます。動悸も起こる事があるので、初めてホットフラッシュを経験すると驚く人も多いようです。時間も個人差があり2.3分で収まる人もいますが、もう少し長く続く人もいます。

ホットフラッシュが起きた時の応急処置

当たり前のことですが、ほてりには冷やす事が一番の対処法です。冷やすものは濡れタオル、ハンカチ、保冷剤などがありますが問題は外出中ですよね。外出中だとペットボトルくらいしかありません。自宅なら保冷剤です。

冷やす場所

太い血管がある部位 首、脇の下、太ももの付け根

皮膚が薄くて冷やしやすい部位 ひじの内側、ひざの裏、手首など。

ここまでは誰でも知っていますよね。私は汗でお化粧が出来ない時に保冷剤をこめかみにつけます。スーッと汗がひきます。お化粧が好きな人は知っている事です。やってみてください。

洋服も大切なポイント

通気性がいい服
脱いだり、着たりするのが簡単な羽織もの
ストール

このあたりは体温調節の鉄板です。

直射日光も避けてください。日傘をさしていると昔は気取っているなんて言われた事もありますが、今は日傘も当たり前です。お洒落な日傘もありますので楽しみながら日差しを避けるようにしてください。大切なのは体調ですから。

汗、大丈夫かな。。。。

こう思う事がストレスをアップさせるので意識しすぎないように制汗シート、ウエットティッシュなどは持ち歩くようにしたいものです。そして更年期のホットフラッシュの汗は匂う事もあります。運動の時のようなサラサラした汗ではありません。詳しくは他の記事で書いています。
更年期の汗のかきかた→

外出中にホットフラッシュが起こってしまったら、涼しい場所を探して涼むようにしてください。扇子も嫌でなかったら持って歩くほうが良いでしょう。本当に調子が悪い時は「いや」なんて言っていられないはずです。

※寝汗がすごい人
冷やすのも必要ですが、冷やすと目が覚めて寝られなくなります。寝られないと、翌日に差し支えるので、枕元に、タオルと着替えを置いておき、着替える程度にしておいた方がよさそうです。

この年代は眠りも浅くなることがあります。質のいい睡眠が取れなくなってきます。そうなると寝ても寝ても眠い、寝たはずなのに眠いという症状も起きてきます。

日常生活からできる対処法

食事に気をつけ、適度の運動をして、規則正しい生活をしましょう

また出たよ

こう思う人もいるでしょう。実は規則正しい生活、食事運動は自律神経を安定させます。ですから規則正しい生活、食事、適度な運動が必要なのです。理由を説明していない人が多いですよね。

 

規則正しい生活

自律神経の安定

更年期症状の緩和ホットフラッシュにも期待

ホットフラッシュを長期的に改善するには

※食事

無理はしないで意識することから始めましょう。

大豆食品が大切です。更年期世代は加齢によって女性ホルモンが減少します。大豆イソフラボンは女性ホルモンと
同じような働きをしてくれる成分だと言われています。

大豆だけを摂っていれば良いのではありません。逆にダメです。最もいいのはバランスの取れた食生活です。大豆製品を意識しておきましょう。

※運動
女性100人にアンケートした結果、ウォーキング、水泳、ヨガをするという方も見られました。

エストロゲンという女性ホルモンは脂肪を減らす働きがあります。更年期になり、脂肪を減らす女性ホルモンが減少し、内臓脂肪が付きやすくなります。

適度な運動で代謝をアップする事で体調もアップしていきます。内臓脂肪がついてくると、生活習慣病が気になってきます。

有酸素運動がおすすめ。
酸素を使って脂肪を燃焼させる運動の事。例を挙げると、ウォーキング、ジョギング、水泳などです。あとは更年期世代は関節も固くなってくるので、ストレッチもした方が良いでしょう。

激しい運動をしましょうということではありません。継続する事が大切です。

 

ちなみに私は。。。
10分で行けるところまで歩きます。そして帰ってくるだけです。

これで十分です。そのかわり、ダラダラと歩くのではなく、背筋を伸ばして「歩く」という意識を持って歩きます。自分ではかなり背筋を伸ばしているつもりです。それが他人から見ると「普通」くらいにしか見えないそうです。これだけでかなり体調が良くなりました。

普段の姿勢は良くないんだなと反省してます。繰り返しますが、継続が大切です。これが最も難しい事です。

ビリーズブートキャンプ(ホコリまみれ)
バランスボール(押し入れに入ってる)
関係ないけどミシンも最近押入れに入りっぱなしw

思い出すたびに胸が痛くなるのは私だけじゃないはず。。。。

※医療機関

ホルモン補充療法HRT

女性ホルモンの減少には有効だとされています。デリケートな問題なので、ここでは解説しません。信頼のおけるお医者さんと相談しながら進めていくのがいいでしょう。運動などより、緩和する期間が短いのが病院での治療です。

高麗美人がホットフラッシュにはどうなの?

高麗人参のメインの成分、サポニンは自律神経を整えてくれます。
高麗人参でも高級なタイプのものを使用した高麗美人です。

高麗美人はホットフラッシュにも期待が出来ます。

さらに高麗美人は美容成分も配合されているので、疲れたお肌への期待も出来ます。更年期の女性は疲れているのは身体だけでなく、お肌も疲れています。

自律神経を整えるには食事、運動を意識する事が大切なことです。また女性ホルモンの減少には病院でホルモンを補充するのも一つの方法です。気軽に試すことが出来るのは高麗美人です。

高麗美人はホットフラッシュに期待が出来ます。

ホットフラッシュの応急処置
首元を冷やす
リラックスする

ホットフラッシュを長期的に緩和
楽しめる趣味を見つける
運動する習慣をつける
体を冷やさないようにする
規則正しい生活をする。
食事を意識する

 

自律神経を整える事を意識する

サプリメントを利用する

高麗人参の成分のサポニンは自律神経を整えます。

高麗美人は最高級の高麗人参を使ってます。

高麗美人はホットフラッシュに期待が出来ます。