更年期には、個人差があるものの、様々な不快な症状に悩まされます。その中で多くの女性が体験するのが、急な発汗です。仕事で他人と対面している時に、突然顔がほてって大量の顔汗をかいてしまい困ることもあれば、夜中にパジャマがぐっしょり濡れるほど汗をかいて目を覚ましてしまうこともあります。

 

なぜ、更年期には異常な汗のかきかたをするの?

更年期には子宮の機能が低下してしまう為、女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少し、ホルモンバランスが変化します。その結果、ホルモンバランスと密接な関係にあり、互いに影響しあう自律神経のバランスも崩れてしまいます。

 

自律神経は常に私達の身体を正常に保つ為に、無意識のうちに働いて、コントロールしています。ところがそのバランスが崩れてしまうと、様々な障害がおこります。そのうちの一つが、体温調節の機能の低下です。

 

ホルモンバランスの乱れ

自律神経のバランスの乱れ

体温調節の機能の低下

異常な発汗

 

通常であれば自律神経の働きで、暑くなれば体温を下げるために適度な汗を分泌させ、寒くなれば毛穴を収縮させて体温が奪われないように働いているのです。ところが、自律神経のバランスが崩れてしまうと、その働きが鈍ってしまうのです。急な発汗はその状況から発生します。

 

更年期サプリが売れている理由がこの自律神経を整えるからなのです。飲みやすさ、お値段、実感度という項目で比較してみました。

 

臭いに注意!更年期の汗の特徴

運動をしてかく大量の汗は、サラサラしています。汗そのものは無臭です。高校生の男の子が部活で臭くなるのは、汗を大量にかくせいではなく、汗と土埃や雑菌が混ざり合って臭いを発生させているからです。

 

更年期の女性の汗が臭うのはそれとは別の原因です。汗を抑える働きのある女性ホルモンが減少したことに加え、精神的なストレスが汗の質を変えてしまっていることが原因です。

 

更年期になり、イライラすることが増え、ストレスが溜まってしまうと、精神的に不安定になり、精神性発汗が増えるのです。

精神性発汗の場合、血液中のアンモニアがろ過されず汗に混ざってしまうので、独特の臭いがするベタベタした汗になってしまうのです。

 

さらに女性ホルモンの減少によって男性ホルモンが優位になり、皮脂の分泌が増えることも、汗の臭いを強くします。なぜなら、皮脂は汗の臭いを発生させる雑菌の餌になるからです。雑菌が増えれば増えるほど、汗の臭いは強くなってしまいます。


どうしたらいいの?顔汗、寝汗の対処法

ポイントは【焦らない】【睡眠不足に繋がらないようにする】という2つです。

 

※突然の発汗した時は?

人前で急に顔が熱くなって大量に汗をかくと、たいていの人は恥ずかしい気持ちになり、慌ててしまいます。でも、その反応がかえってほてりと汗をひどくしてしまいます。

 

暴走して大量の汗を吹きださせている交感神経を落ち着かせるため、ゆっくりと腹式呼吸をしてみてください。「落ち着いて、落ち着いて…」と心の中で思いながら数回腹式呼吸を繰り返すと、症状が和らぎます。焦るとひどくなるということを覚えておきましょう。
※出かける時の体温調節にはどんな工夫が必要?

更年期には、体温調節の機能が低下するので、暑くなるだけではなく、手足の冷えを感じる人も多くいます。その為、外部の気温の変化に対して対応しきれなくなってしまいます。出かける時は、カーディガンや上着など、室温や自分の体温の変化に合わせてこまめに脱ぎ着しやすい組み合わせの服装にしましょう。

また、汗を吸収、発散しやすい綿、麻、シルクなど天然の素材の下着や服を選ぶと、大量に汗をかいても快適に過ごせます。反対の合成繊維は風通しが悪く、汗の吸収率も低いので、避けたほうが無難です。

※寝汗で睡眠の質を低下させないようにする為には?

更年期には、眠りが浅い、眠れない、寝つきが悪いなど、睡眠の質が低下してしまうようなことが次々におこります。それに加えて寝汗で目が覚めてしまうと、より睡眠の質が低下してしまいます。睡眠の質が悪いと逆に寝ても寝ても眠いという事も起きてしまう事さえあります。

パジャマ、ピロケース、シーツ、ベットパッドなどはすべて天然素材にして、できるだけ汗を吸収、発散させましょう。また、着替えのパジャマやタオルを枕元の用意しておき、ぐっしょり汗をかいたときには、手早く着替えられるようにしておきましょう。

 

いったん起き上がって、パジャマやタオルを用意すると、そのあと眠れなくなってしまうこともありますが、枕元に置いておけば手早く交換できるので、また眠りにつきやすくなります。

飲みやすさ、お値段、実感度という項目で比較してみました。

更年期の汗の臭いはどうしたらいいの?

臭いのしないサラサラの汗にする為に、日常生活でできることを確認しておきましょう。

※食事内容を見直す

腸内環境が悪化すると循環が悪くなり、血液も汗もドロドロになってしまいます。根菜類、緑黄色野菜、海藻類、大豆製品、乳酸菌などをバランスよく摂取して腸内環境を整えることが大切です。

 

精神的発汗ではなく生理的発汗と新陳代謝を促す作用のある唐辛子、ショウガ、ネギなどを食事のメニューに取り入れましょう。

 

血液中のアンモニアを増やす恐れがある肉類の摂取は控えめにしましょう。肝機能の低下も、ドロドロの汗と血液に繋がります。大豆製品、ナッツ類を摂取することに加えて、肉類やアルコールの摂取は控えましょう。

 

※ストレスをため込まない工夫をする

ストレスは直接臭いのする汗=精神的発汗に繋がります。ストレスをため込まないことが、精神的発汗を抑えることに繋がります。

 

ストレスは感じようと思って感じるわけではないので、ストレスを無くすことはできません。

 

ただ感じてしまったストレスをため込まない方法を見つけることが大切なのです。熱中できる趣味を見つける、夫や友人に思ったことを何でも話す、音楽を聴く、映画を観る、本を読むなど人によって方法は様々です。自分に合った方法を見つけましょう。

 

サラサラの汗をかく習慣にはどんなことがある?

汗が出るのが嫌だからと思って汗を抑えると、却って汗が濃くなり臭いを発生させてしまいます。反対に汗の質をサラサラにしておけば、臭いだけではなくて、発汗量も抑えることができます。

※入浴

夏場になるとシャワーだけで済ませてしまう、冬は浴槽には浸かるものの烏の行水という入浴方法は、身体の循環にも心の癒しにも繋がりません。ゆったりした入浴は、血液とリンパの循環を良くするとともに、心を落ち着かせます。ストレス解消にも役立ちます。

臭いが気になる場合は、雑菌の繁殖を抑える効果があるので、浴槽のお湯にお猪口に2、3杯のお酢を入れる酢風呂がおすすめです。臭いを防ぐだけではなく、血行促進にも役立ちます。少量なのでお酢臭さはありませんが、気になる人は最後にシャワーを浴びて洗い流しましょう。

※運動

激しい運動をする必要はありません。1日に30分程度歩く、ストレッチをするなどの軽い運動を日常生活にとり入れましょう。体内の循環が良くなり、汗がサラサラになるだけではなく、更年期の様々な症状の緩和に役立ちます。

 

汗で乾燥した肌の必要なケアはある?

汗はお肌を乾燥させます。
汗をかくと肌が湿るので乾燥するとはお思いにならないかもしれませんが、汗は非常に肌を乾燥させます。その為、顔汗をたくさんかいてしまう時期には、しっかりとした保湿ケアが必要です。顔汗を大量にかく日々が続いているにもかかわらず、十分な保湿ケアができていないと、肌トラブルまで招いてしまいます。

 

浸透力が高く、しっかり保湿して、シミやシワを防ぐ美容液を使ったスキンケアで、多汗による肌トラブルを防ぎましょう。いろんな事をしなくてはいけなくて面倒だと思った方がいますよね。でも身体を動かすことはとても大切な事です。

更年期サプリ+適度の運動

 

更年期サプリ+適度の運動が誰でもやっている気軽な更年期の過ごし方です。更年期サプリを飲みやすさ、お値段、実感度という重要な項目ででランキングにしてみました。