※プラセンタが更年期障害に期待出来るのは

 

女性ホルモンの分泌を促す
自律神経を整える

 

この二つの理由があるからです。つらい症状を緩和してくれます。

※プラセンタが美容に効果がある理由は

 

コラーゲン、エラスチンなどを作る細胞を活発にします。
お肌の新陳代謝を活発にします。

 

その結果
お肌に潤いが出てきたり、ハリが出てきたり、お肌の色ツヤがよくなったりします。

 

 

更年期を簡単に

40歳を過ぎる頃から女性ホルモンの分泌が減ってきます。
※女性ホルモンの分泌を促すのがプラセンタです。ここでプラセンタが活躍します。

 

 

卵巣の働きが徐々に衰えてくるからです。そのあとは生理が終わり、閉経します。人によって違いますが、閉経の年齢は50歳くらいです。

 

 

閉経の年齢の前後10年間くらいを更年期といいます。

 

 

※更年期に起こる様々な不調の原因は

 

女性ホルモン(エストロゲン)の減少
加齢による体の変化
ストレスなど

 

その年齢は子どもたちの自立、結婚、親の介護などが同時にやってくる時期でもあります。

 

 

更年期障害のつらさは個人差がありますが、更年期自体は誰にでもやってきます。軽い人、重い症状の人がいるのは体質、性格、生活環境などが関係するからです。

 

 

更年期の主な症状

※血管の運動神経が悪くなった時

のぼせ
ほてり
発汗
動悸
めまい
頭痛

 

この症状は、血管の運動神経が悪くなった時に起こります。エストロゲンが少なくなるからです。

 

その結果、だるくなったり、疲れやすくなる事もあります。

 

 

※神経の伝達をする部分の不調

エストロゲンという女性ホルモンが減ってしまうと神経を伝える部分にも影響が出ます。「自律神経が暴走する」と言われます。

※自律神経を整えるのがプラセンタの働きです。ここでプラセンタが活躍します。

 

精神的に不安定になり、

怒りっぽくなる
イライラする
落ち込み
不安になる

 

こんな症状が出てきます。

 

 

エストロゲンが自律神経中枢に影響を及ぼし???
こんな説明じゃ分かりませんよね。

 

 

精神的な症状には、眠れなくなったり物忘れをするようになったりします。

 

「あれ?何しに来たんだっけ?」という事がありますよね。
これも精神的な症状の1つです。

一つ覚えて二つ忘れる・・・・ヤバ・・・・

 

※更年期の後期にかけておこりやすい症状

トイレが近い
膣の乾燥感
外陰部のかゆみ、不快感

 

が起こったり、

 

ドライアイ
皮膚のかゆみ
胃腸障害まで

 

様々な症状が起こります。

 

たくさんの症状があります。家族へ説明して理解をしてもらったり協力してもらう事で、気分的に楽になる事が多いものです。一人で抱え込む事で良いことは何もありません。

 

仕方ない、手伝ってやるか

こう思ってもらえたら、嬉しいものです。恥ずかしい事は、何一つありません。誰にでもやってくるものですから。

 

プラセンタで更年期治療は保険適応?

実は目的によって保険が使えます。

 

更年期障害にプラセンタを使う時は保険が使えます。
美容目的で使うときは保険は使えません。

 

更年期障害で使うプラセンタはヒトプラセンタです。
聞いた事はありますか?

 

メルスモン
ラエンネック

 

多いのはメルスモンというヒトプラセンタから作られるものです。

 

 

メルスモンは 更年期障害、乳汁が出ない時などの治療に使われます。ラエンネックは元々は肝機能のお薬ですが、更年期障害の薬としても使われます。

 

症状によって量や回数も変わってきます。一月で一回ほどで実感する人もいれば、週に一回ほど使わないと効果が得られない事もあります。

 

 

プラセンタを更年期障害に使う病院、使わない病院もあります。簡単にプラセンタで更年期の治療をする事は出来ません。更年期で病院に行くと、最も多いのはホルモン補充療法という方法です。

 

 

美容目的としてのプラセンタ

クリニックに行くとすぐに使えます。ただし、難点は保険が使えないという点です。

 

クリニックによって値段はまちまち。一度の注射で3000円くらいから10000円程度まであります。

 

ある程度、余裕がある人達の美容方法として昔から有名でした。特に、芸能人のプラセンタの注射は話題になりました。金銭的に余裕さえあれば、プラセンタ注射は今は特別なものではありません。

 

手軽にプラセンタを使用したい

病院で使われているプラセンタはヒトプラセンタ。

 

ヒトプラセンタは個人では使えません。病院で処方してもらうしか方法はありません。

 

 

そこでサプリメントの登場です。
クリニックで注射をすると、通う手間がかかります。

 

個人で使えるプラセンタはサプリメントに入っているプラセンタです。サプリなら、手軽に使うことが出来ます。

 

 

プラセンタサプリの多くは豚、馬

 

豚、馬、羊のプラセンタが有名です。日本では豚、馬のプラセンタが多く出回っています。動物性プラセンタはアミノ酸が多く、ヒトプラセンタに近いので、サプリで使うには最適です。

 

 

馬、豚のプラセンタではどっちが良い?と比較されることが多いのですが、いろんなプラセンタを飲んでみましたが、合っているものは馬、豚、どちらも「いい感じ」です。

 

 

私が好きなプラセンタは

 

馬プラセンタだと
tp200next
エイジスト
母の滴
プラセンタの泉

 

 

豚プラセンタだと
フワリ
ヴィーナスプラセンタ

 

 

大好きなプラセンタを説明した記事もあります。
効果があるプラセンタの記事→

 

 

豚と馬と比較するとアミノ酸の量が違うとか見ることもありますが、それほどの差はありません。アミノ酸もたくさんの種類が入っていて「かなり多いものもある」というのが当たってます。それほど違いません。

 

それより飲んだ時の相性が大切です。

 

 

プラセンタの選び方

サプリはお薬ではないので、飲んですぐに効果が出るものではありません。時々、飲んで翌朝に実感する人もいるようですが、まれな事です。

 

 

継続出来るお値段のもの
プラセンタが多く入っているもの

 

 

最低でもこの二点は意識してください。

 

 

プラセンタの量が少ないサプリはおすすめしません。プラセンタがたくさん入っているサプリが良いです。

 

 

パッケージの裏側に成分が明記してあります。入っている量の多いものから書くのが決まりです。一番最初にプラセンタと明記してあるものを選びましょう。

 

 

 

更年期対策にはプラセンタだけのもの。
美容対策にはプラセンタと美容成分が入っているもの。

 

 

最初はこの基準で選ぶと良いでしょう。

 

どちらのサプリもプラセンタの入っている量が多いと、更年期のつらい症状のサポートもしてくれます。

 

 

プラセンタと相性が良い美容成分は、プラセンタを開発している方に伺ったところ、「コラーゲン」だと教わりました。選ぶ時のヒントにしてみてください。

 

 

継続すると良いことが期待できます。

 

 

フワリは初回にコラーゲンをプレゼントしてくれます。フワリとおまけのコラーゲンです。

フワリを見てみる→

 

 

更年期障害でひどい症状のときは、迷わずに病院に行くことをおすすめします。「様子見」の時なら、美容効果も兼ねてプラセンタを使うのも1つの手段です。

 

 

ひどい時

病院

 

 

様子見の時

プラセンタ
更年期サプリ

 

 

私はお値段も大切な要素だと思ってます。

 

お値段も意識したランキングを作ってみました。
更年期サプリ ランキング@知らなきゃ損する選び方→

 

 

コツは継続しやすいお値段のものを継続することです。知らないうちに、実感します。