キッコーマンサプリ【基本のサプリ】は、日本人にはお馴染みの醤油メーカーのキッコーマンが開発した40代からの女性に向けてのサプリメントです。じわじわと人気が上がってきてるサプリです。


食品に関する幅広い知識と技術力を活かして、作られた「からだ想い」というサプリメントのシリーズの中の一つで健康や美しさを内側からサポートする製品です。特に、基本のサプリに含まれている大豆イソフラボンアグリコンは、しょうゆ醸造で培った大豆への長年の研究の成果が十分に活かされている為、高い効果が期待できます。

さらに長年食品メーカーとしての信頼を築き上げてきた会社だけに、徹底した品質管理が行われています。サプリメントは毎日、長期間に渡って飲み続けるものなので、品質、安全性の高さは重要なポイントです。

キッコーマンサプリ【基本のサプリ】と一般的な大豆イソフラボンサプリの違い

40代になると多くの女性が感じ始める身体の変化は、エストロゲンの減少によるものです。

エストロゲンは、妊娠に向けて身体を調えるだけではなく、肌や髪の美しさ、安定した精神、循環の良い身体を維持する働きで女性の健康をサポートしてきました。ところがエストロゲンは、40代になると徐々に減少し始め、更年期に突入する閉経の5年前からは激減します。その結果、さまざまな身体の変化に伴う不調が感じられるようになるのです。

エストロゲンと似た化学構造をしている大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは、大豆胚芽に多く含まれる抗酸化物質の一つで、エストロゲンに似た働きをします。その為、エストロゲンの減少が引き起こす更年期の症状を、大豆イソフラボンが補い、予防することができます。

新陳代謝を促し循環の良い身体を維持するので、肌や髪の美しさが保たれ、コレステロールの増加が抑えられるなど、美容にも健康にも良い影響を及ぼします。

大豆イソフラボンは、納豆や豆腐などの食品や、大豆イソフラボンサプリから摂取することができますが、エストロゲンと似た働きをする為には、体内で大豆イソフラボンアグリコンに変化して腸管から吸収される必要があります。

キッコーマンサプリ【基本のサプリ】に含まれているのはアグリコン

大豆イソフラボンがエストロゲンと似た働きをする為には、エストロゲン受容体と結合する必要があります。

エストロゲンが十分に分泌されていた時期にはエストロゲンがエストロゲン受容体と結合し、様々な働きをしていましたが、エストロゲンが減少している時期には、アグリコンがエストロゲン受容体と結合してエストロゲンに似た働きをするのです。

 

アグリコンは、納豆などに含まれている大豆イソフラボンから糖部分が分離したものです。大豆イソフラボンとして私たちが摂取すると、腸内細菌の働きでアグリコンに変化し、腸管から吸収されます。その為、腸内環境によって吸収率が違ってきます。

しかし、キッコーマンサプリ【基本のサプリ】には、あらかじめ大豆イソフラボン配糖体から糖を切り離したアグリコンが使われています。その為、ファイズイソフラボンが腸内細菌によって糖とアグリコンに分解する必要がありません。つまり、どのような腸内環境の人が摂取してもエストロゲン受容体と結合でき、大豆イソフラボンが持つ効果を発揮できるということです。

アグリコン型イソフラボンには「ゲニステイン」「グリシテイン」「ダイゼイン」という3種類がありますが、キッコーマンサプリ【基本のサプリ】にはこの中で最も女性をサポートする力の強いゲニステインが使われています。

 

キッコーマンサプリ【基本のサプリ】は健康リスクへの備えもできる

エストロゲンの減少によっておこることは、いわゆる更年期障害と言われるほてりや発汗、倦怠感など、自律神経のバランスの乱れによっておこることばかりではありません。

エストロゲンには、脂質を代謝させる、血液やリンパの流れを促す、骨の量と強度を維持する、脳を活性化させるというような働きもあるからです。

エストロゲンの減少で将来的に心配される健康リスク

骨粗しょう症 骨の強さや量が低下して、ちょっとしたことで骨折してしまう病気です。直接命にかかわる病気ではありませんが、寝たきりになるリスクの高い病気です。腕の付け根、手首、足の付け根は骨折しやすい部位ですが、中でも足の付け根を骨折すると歩行が困難になり、介護が必要になってしまうこともあります。また、背骨が身体の重みで圧迫骨折し、腰が曲がってしまうこともあります。

  


動脈硬化
 動脈硬化は血管が硬くなって、血液の循環が滞ってしまう状態を指します。動脈硬化になると、心臓に大きな負担がかかるだけではなく、身体のすべての臓器に血液や栄養が届かなくなります。その結果、身体の機能が低下してしまいあらゆる病気のもとになってしまいます。

また、血管ももろくなるので、破れたり詰まったりして、脳梗塞、心筋梗塞など重篤な事態に陥ることもあります。女性は男性に比べて、日常的に大量のアルコールを摂取したり、喫煙したりしないので、動脈硬化の心配はないと思われている方が多いのではないかと思います。

しかし、そんなことはありません。エストロゲンの減少によって、脂質の代謝が低下すると、コレステロールが溜まりやすくなり、血液がドロドロになってしまうのです。

血液がドロドロになると、血管の壁に張り付き、動脈硬化を起こします。動脈硬化の何よりも怖い点は、自覚症状がないということです。反対に言えば、深刻な事態になった時に初めてわかるとも言えます。だからこそ、予防が大切です。

健康リスクへの備えになる成分とは?

キッコーマンサプリ【基本のサプリ】には、大豆イソフラボン(アグリコン)の他に、ぶどう種子ポリフェノール、ビタミンD3、葉酸から抽出された成分が配合されています。

キッコーマンの醸造技術とワインの知識で培った独自の技術で抽出した純度の高いポリフェノール プロアントシアニジンには、高い抗酸化作用、抗ガン作用、高血圧予防があり、肌や髪を美しくすることに加えて、病気の予防にも役立ちます。

またビタミンD3はカルシウムを吸収しやすくして、骨粗しょう症を予防、造血のビタミンとも言われる葉酸はビタミンB12とともに赤血球の生産を助けることに加えて、動脈硬化の予防に役立つという研究の結果もあります。

キッコーマンサプリ【基本のサプリ】今、飲みたい理由

倦怠感や大量の発汗、肌荒れなど更年期の症状に悩まされている時に、そんな先のリスクまで考えることは難しいです。でも、キッコーマンサプリ【基本のサプリ】なら、更年期特有の辛い状態を改善しつつ、将来的なリスクに備えることもできるのです。

まだまだ大丈夫と思っているうちに更年期対策を始めましょう

「疲れやすくなった気がするけれど、まだ40代になったばかりだし大丈夫」と思っているうちに、次々にいろいろな症状が出てきます。症状の重い人は、仕事や家事をこなせなくなってしまうこともあります。

実際に更年期に突入する前から、エストロゲンは徐々に減少し始めています。その時点で対策を始めていれば、エストロゲンが急激に減少する更年期になっても、軽い症状ですむ可能性が高いのです。

更年期に悩んでいる人、更年期の悩みがない人、40代になったすべての女性に、キッコーマンサプリ【基本のサプリ】が向いているのが以上の理由です。