40代女性めまい Tp200next プラセンタ

40代女性のめまいは更年期の始まり?何を食べるといい?

投稿日:

ほとんどの人は、今までに何度かめまいや立ちくらみを経験したことがあるのではないでしょうか?一口にめまいと言ってもめまいにはいくつかのタイプがあり、様々な原因が考えられます。

原因によっては、健康に深刻な影響を与える場合もあるので、めまいの原因による症状の違いを確認しておきましょう。

 

めまいと更年期の関係

更年期は、ホルモンバランスの変化によって心にも体にも様々な不調が現れます。

そのうちのひとつにめまいがあります。更年期おけるめまいの原因は、自律神経のバランスが乱れていることです。自律神経とホルモンバラスは密接な関係にある為、ホルモンバランスの変化は自律神経のバランスを乱してしまうからです。

 

更年期にめまいがおこる原因と対処法

更年期にめまいがおこる原因は、ホルモンバランスと自律神経の乱れ、ストレス、体調不良の悪循環です。

・自律神経の乱れ

・更年期におこる体調不良によってストレスが溜まりやすくなる

・自律神経の乱れによって低血糖に陥ることがある

・血圧が安定しなくなる

 

 

めまいが起きたら、椅子に座ったり、しゃがんだりして転倒しないような体制をとることが大切です。

体の疲れやストレスをためない為にできるだけゆったりと過ごすことを心がけましょう。睡眠の質を上げることが疲労回復やストレス解消に非常に役立ちます。

規則正し時間に起床、就寝すること、心地よく眠れる環境を整えること、就寝4時間前には飲食しないことなど、睡眠の質を上げるための封をしましょう。

 

めまいに摂ったほうが良い食べ物

先に結論から言っておきます。

青魚 ニシン、イワシ、サバ、サワラ、アジ、ブリ、サンマ等
納豆
豆腐
緑黄色野菜 ニンジン、ほうれん草、アシタバ、小松菜、ニラ、が有名
柑橘類 みかん、オレンジ、グレープフルーツ、ゆず、レモン、シークワサー、ライム等
ナッツ類 アーモンド、くるみ、カシューナッツ、ピスタチオ等
魚介類 お肉メインではなく、お魚を食べることを意識しましょう。

以上を意識することで、かなり違ってきます。
ただし、お薬ではありません。食べ物から摂取して体内に吸収するには時間がかかります。
大切なのは習慣にすることです。

 

・αリノレン酸 青魚などに多く含まれており、脳細胞を正常化させる、血液の循環を良くするなどの働きがあります。

 

・トリプトファン納豆、豆腐などの大豆製品に多く含まれており、副交感神経の働きを活発にしてめまいを起こしにくくする働きがあります。

 

・ビタミンB 緑黄色野菜や、かんきつ類に多く含まれており、神経を正常化させる働きがあります。

 

 

・ビタミンE アーモンドなどのナッツ類や魚介類、緑黄色野菜に多く含まれており、疲労回復を促す、ストレスを和らげる働きがあります。

 

食物とお薬の中間がサプリのような健康食品です。健康食品といっても、その実感はかなりのものがあります。

更年期を意識するのでしたら、更年期用のサプリもいいでしょう。そして見逃してはいけないのがプラセンタです。
プラセンタ(ヒトプラセンタ)は元々、自律神経のお薬として使用されていました。
めまいの原因である自律神経の乱れを調整するのがプラセンタです。

お薬として使用していくうちに、お肌にハリが出たり、髪の毛がツヤツヤになったり、【副産物】が生まれました。
その後、研究がすすみサプリとして販売されるようになったのが現在のプラセンタサプリです。

めまいの原因

めまいの直接の原因は、通常は自動的に保たれている身体のバランスが、崩れてしまうことにあります。身体のバランスをとっている器官には、三半規管、耳石器、前庭神経、脳幹、視床、大脳皮質があります。

そしてこの中のどれかに障害がおこっていると、身体のバランスをとる機能が低下して、めまいがおこってしまうのです。その他にも、血圧やストレスがめまいを起こすこともあります。

耳が原因で起こるめまい

 

・三半規管 内部がリンパ液で満たされている耳の奥にある器官で、身体の動きに合わせてバランスを保つ働きをしています。

 

・耳石器 内部にある炭酸カルシウムの結晶が動くことによって、身体の上下左右の動きを受け入れ、バランスを保つ働きをしています。

 

・前庭神経 三半規管と耳石器からの情報を脳幹に伝える働きをします。

この3つのどれかに障害がおこると、耳が原因のめまいが起きます。

 

 

耳のめまいの種類には、三半規管の管のどれかに耳石が入ってしまった為に回転性めまいがおこる良性発作性頭位性めまいと、病気によるめまいがあります。中耳炎 中耳で起きた炎症が進行し内耳に及ぶと浮動性めまいや平衡障害がおこることがあります。

 

 

・メニエール病 難聴、耳鳴り、耳閉感、突発的な回転性めまいなどの症状が現れます。

 

・前庭神経炎 風邪をひいた後におこる突発的な回転性めまいで、2~3週間程度で治ります。

 

・突発性難聴 聴神経の炎症によって突然おこる難聴で、軽いめまいがおこります。

 

・聴神経腫瘍 聴神経にできる良性の腫瘍によって浮動性めまい、平衡障害が起き、進行すると顔面神経麻痺などがおこります。

 

脳が原因で起こるめまい

脳には、体の位置、平衡を司る神経が集まっている脳幹、脳幹からの情報が伝えられる視床、大脳皮質があります。このうちの脳幹に障害がおこると回転性めまい、視床や大脳皮質に障害がおこると浮動性めまいがおこります。「脳梗塞」や「脳出血」が起こると、小脳や脳幹(のうかん)に十分な血液が運ばれず、働きが異常となり、めまいが起こります。

 

 

・脳梗塞・脳出血 小脳や脳幹に障害が発生し、回転性めまい、意識障害、運動障害などが起こることがあります。

 

・椎骨脳底動脈循環不全 首から脳に繋がる椎骨脳底動脈の循環が悪くなると、脳に充分な血液が届かない為に回転性めまいや浮動性めまいがおこります。

 

 

血圧が原因で起こるめまい

血圧の急激な上昇、下降によってめまいがおこることがあります。

 

高血圧 脳梗塞、脳出血などがおこると、脳に血液が十分に行き届かなくなります。その際に脳内にある平衡感覚を司る神経にダメージが及ぶと、身体のバランスが維持できなくなり、20分以上、場合によっては数時間に及ぶめまいがおこります。

 

低血圧・不整脈 低血圧や不整脈では心臓からの血液が十分に全身に届かなくなってしまいます。その結果脳が酸欠状態になり、脳の平衡中枢が機能しなくなって、浮動性めまいがおこります。どちらの場合も、気を失ってしまうこともあります。

 

低血糖 血液中の血糖が急激に減少すると、めまいがおこります。低血糖は自律神経に関わる症状でもあるので、更年期障害でめまいがおこる原因の一つに上げられます。

 

ストレスが原因で起こるめまい

ストレスが続くことで、自律神経のバランスが乱れてしまうと、不眠、倦怠感、手足の震えなど様々な症状が現れますが、そのうちのひとつとしてめまいを起こすことがあります。

 

めまいには一過性で健康に深刻な影響を与えることはないめまいと、そのままにしておくと大きな病気に繋がるめまいがあります。めまいが続くようであれば、早めに医師の診察を受けましょう。

 

めまいの原因である自律神経の乱れを調整するのがプラセンタです。
元々、プラセンタは自律神経のお薬として使用されていました。

お薬として処方していると、髪の毛がツヤツヤになったり、お肌の調子が良くなったりしたことから研究が始まりました。
お肌の調子や髪の毛などは当時は【副産物】でした。

今現在、サプリとして販売されているものは、種類を分けると「健康食品」に入ります。
更年期の症状だから更年期対策のサプリを飲むことも否定しません。

私は断然プラセンタ派です。

体調が良くなり、お肌への期待が出来るなんて一石三鳥くらいの嬉しさがあります。

いい事聞いた、早速、ドラッグストアに行ってみよう!と思った方もいるはずです。
プラセンタには「基準」があります。ただ、プラセンタ配合のサプリを購入しても、良い結果は出ない可能性が高いです。そんなプラセンタの基準は違う記事に書いています。そちらをご覧ください。探せば、定期購入で回数の約束(シバリ)がないプラセンタもあります。体験するのであれば、それが正解です。

プラセンタの選び方の記事を見てみる→

プチプラのプラセンタを見てみる→

-40代女性めまい, Tp200next, プラセンタ
-

Copyright© 【暴露!】TP200next(ネクスト)プラセンタの口コミと二ヶ月後の効果 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.