Tp200next プラセンタ プレ更年期と更年期

プレ更年期と更年期の違いは知っていますか?そしてプラセンタとの関係は?

投稿日:

プレ更年期と更年期は少しだけ違います。違いはこれから説明しますが、どちらも太る人が多く見られるのが特徴です。(更年期障害以外で)さてどんな食べ物が良いのでしょうか?更年期プレ更年期の食べ物はとても大切です。

プレ更年期に摂ったほうが良い食べ物

最初に摂ったほうが良い食べ物を説明していきます。

プレ更年期は、代謝が落ちてくる時期とも重なり、お腹周りに脂肪が気になり始めます。かといって、無理なダイエットをすると栄養バランスが悪くなり、ホルモンバランスをよけいに乱すことにもなります。太らない食事、ホルモンバランスを調える食事、栄養バランスの調った食事を心がけましょう。

たんぱく質、ミネラル、β-カロテン、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、食物繊維、炭水化物、オメガ3脂肪酸をバランスよく摂取することが大切です。

肉類や糖分を抑え、大豆、納豆、豆腐などの大豆製品、ゴマ、ヒジキ、ワカメ、野菜類、魚介類などを積極的に取り入れましょう。

 

プレ更年期は更年期ほど急激に卵巣の機能が低下するわけではありませんが、年齢的には徐々に身体の変化が始まる時期です。この時期に躓いてしまうと、本格的な更年期を迎えた時には、より症状が重くなりかねません。規則正しい生活習慣と栄養バランスの調った食事に加えて、上手な気分転換をしてプレ更年期を乗り切りましょう。

 

病院に行くほどでもないような体調不良って気になります。更年期用のサプリは抵抗があるし・・と悩んでいる方は、まずプラセンタで様子を見るのがいいでしょう。

 

プラセンタは女性ホルモンのエストロゲンの調整をしてくれますし、美容にも大きな期待が出来るので、一石二鳥です。まだコラーゲンですか?今の流れはプラセンタです。

まだ30代なのに更年期障害のような症状が出ることがあります。特に病気があるわけでもないのに、突然大量に汗が出たり、のぼせたりする、常にイライラして気持ちが安定しない、朝起きるのがつらくだるくてやる気が出ない…などの症状に悩まされます。

 

 

周囲の人から、「気のせいじゃないの?」と言われることもあるし、反対に怠けているとかだらしないとか思われているのではないか…時に病んでしまうこともあります。このような症状はなぜ起こるのでしょうか?

 

特にいつも一生懸命生きている人ほど人から怠けているように見られると辛いものです。大丈夫です。見ている人はしっかり見ています。

 

更年期 とプレ更年期の違い

更年期とプレ更年期では、発生する症状は似ていますが、原因が違います。

更年期は、閉経の前後5年間、合わせておよそ10年間を指しますが、プレ更年期は更年期に差し掛かる前に更年期のような症状が出る期間を指します。

更年期障害が出る原因は、加齢によって卵巣機能が急激に低下し、エストロゲンの分泌量が急激に減少することでおこる体の変化です。この変化は、エストロゲンが分泌されない為に混乱した視床下部が、自律神経を調節できなくなって起こります。

 

加齢による卵巣機能の急激な低下はまだ始まっていないにもかかわらず、自律神経が調整できなくなってしまうことによって身体の変化がおこるのがプレ更年期です。

自律神経が調整できなくなってしまう理由には個人差がありますが、ストレス、過労、不規則な生活習慣が考えられます。

≪自律神経の乱れによっておこる症状≫

 

・ホットフラッシュ 血管運動神経の調整ができなくなるため、ほてり、のぼせ、突然の大量発汗、寝汗などがおこります。

 

 

・めまい、立ちくらみ 血圧の変化や体調不良による寝不足によってめまいやたちくらみがおこります。

 

・冷え、痺れ 血液の循環が悪くなることによって身体中に充分な酸素と栄養が行き届かなくなるのと同時に、熱も運ばれなくなるので冷えや痺れがおこります。

 

 

・不眠 自律神経の乱れによって体内時計が狂ってしまうので、自然な入眠ができなくなります。同時に睡眠の質も低下するので、体調不良やストレスがひどくなります。

 

 

・イライラ リラックスできない状態が続き、ストレスが溜まってイライラしたり、集中力が低下したりいます。

 

 

・生理不順や不正出血 ホルモン分泌の調整ができなくなり、生理不順や出血量の変化、不正出血が起きます。その他にも、倦怠感、頭痛、耳鳴り、動悸、関節痛、肌の乾燥など、様々な症状が現れます。

 

プレ更年期対処法

本格的な更年期ではなくても、身体の不調を我慢していると、精神的なダメージも大きくなってしまいます。基礎体温を測る、医師の診察を受けるなど、症状を改善する為の方法を考えましょう。

 

 

※医療機関にかかる 

更年期障害には、ホルモン補充療法がおこなわれますが、プレ更年期の治療にもホルモン補充療法は有効です。体の状態に合わせて、プロゲステロンやテストステロンを補充することで、プレ更年期の症状を改善します。

 

※自宅でできる対処法

≪生活習慣を見直す≫

自律神経が調整できなくなる原因の一つは、不規則な生活習慣です。不規則な生活習慣は睡眠の質を低下させるからです。

 

睡眠の質が低下するとおこること

 

・脳の疲れが回復しない 睡眠にはその日におこった出来事を整理し、脳を休めるという働きがあります。例えば、嫌なことがあっても次の朝にはその気持ちが和らいでいるのは、睡眠が脳を休めるからです。ところが睡眠の質が低下すると、回復力も低下し、脳内が整理されないので、ストレスが溜まってしまいます。

 

 

・体の疲れが回復しない 睡眠中には細胞の働きが活性化し、昼間の疲れを修復します。ところが睡眠の質が低下すると、その機能も低下するので、内臓や筋肉の疲れが回復しません。その結果、長時間眠ってもすっきりしない、だるい、疲れが抜けないといった状態になってしまいます。さらに免疫力も低下するので、病気にかかりやすい状態の身体になってしまいます。

 

 

≪ストレスを解消する工夫をする≫

ストレスと自律神経はストレスが溜まると自律神経が乱れ、自律神経が乱れるとストレスが溜まりやすくなるという密接な関係にあります。

その為、自律神経を正常に働かせるためには、できるだけストレスをため込まない工夫をすることが大切です。ストレスがないように見える人は、自分に合ったストレスの解消方法を知っている人です。

自分に合ったストレスの解消方法を見つけ、貯め込まないようにすることが大切です。

 

 

・趣味 夢中になれる趣味を見つけることは人生を豊かにします。ダンスやスポーツなどの身体を動かすこと、音楽や映画の鑑賞など自分が楽しめる趣味を見つけましょう。

 

 

・入浴 忙しいからと言ってシャワーだけで済ませず、ゆったり入浴する習慣を身につけましょう。好みの香りの入浴剤を使う、入浴が楽しめるようなインテリアやアイテムを取り入れるなど、心地よく入浴できる環境を作ることが大切です。

 

女性ホルモンを整えてくれるのがプラセンタです。質の良いものを試してみると驚くくらい改善する事もあります。プチプラでも回数の約束がないものがあります。ドラッグストアで販売されているものとは、全く違います。

プチプラのプラセンタ

-Tp200next, プラセンタ, プレ更年期と更年期
-

Copyright© 【暴露!】TP200next(ネクスト)プラセンタの口コミと二ヶ月後の効果 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.